「内包された温度」展

奥田 真澄 (彫刻部)
増井 岳人 (彫刻部)

上野:東京藝術大学大学美術館

2019年11月7日(木)〜
11月17日(日)

画像拡大

■会期
 2019年11月7日(木) - 11月17日(日)

■時間
 午前10時 – 午後5時 (入館は閉館の30分前まで)
 ※ただし、11月7日(木)は午後7時閉館
 会期中無休

■会場
 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室4
 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

■観覧料 無料

■問い合わせ
 ハローダイヤル 03-5777-8600

■主催
 東京藝術大学「内包された温度」展 実行委員会

■協力
 ミヅマアートギャラリー

■助成
 野村財団

本企画は、多様化する芸術表現の今を見据え、
彫刻の可能性を探ることを目的とした展覧会です。
参加作家は東京藝術大学美術学部彫刻科で学び、
現在、学内外で創作活動を続けている15名で構成されています。
それぞれの作家の素材に対する働きかけは、
計測不可能な熱として彫刻作品に内包されています。
作家が制作の中に込める思い、ものをつくる上で生じる「熱」に
今一度重きを置き、彫刻の本質を捉え直そうという試みです。
15名の作家の視点と歩みを見つめなおすことで、
これからの彫刻の在り方と可能性を見いだす機会にできればと思います。

 
出品会員:奥田 真澄 増井 岳人

    geidaibijyutsukan_map

   

 

Copyrighted Image