阿曽沼 明 個展 -終了報告

阿曽沼 明(絵画部)

銀座:光画廊

2019年2月12日~2月16日

画像拡大

■会  期:2019年2月12日(火)〜2月16日(土)

■開廊時間:AM11:00〜PM6:30 (初日PM1:00開廊 最終日PM4:00まで) 

■会  場:光画廊 
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目6−6 丸源第24ビル 1F
tel 03-3572-1855

◆ご挨拶 
今回の個展のテーマは「うつり」です。金箔でつくられた空間は、
光のうつりにより描かれたものに様々な表情を与えます。
古よりその精神的な効果は洋で荘厳に、和で雅にとうつされてきました。
自分は洋からその表情に惹かれましたが、
淋派の魅力に傾倒してうつり、表現を模索しています。
今回の作品は、鯉を描いたものは水中のうつろいを、
蓮や桜桃を描いたものは昆虫をおいて時間のうつりを描いてみました。
あと、金箔の空間がもつぬくもりの中に動物の愛らしさをうつしています。
今回も和の形である「羽子板」に人や跳ね鯉を絵付けしたものも展示いたします。


出品会員:阿曽沼 明

  

 

〈展覧会を終えて〉

おかげさまをもちまして、阿曽沼明個展は無事に会期を終了することが出来ました。
ご高覧賜りました皆様、励ましを賜りました皆様に、心より感謝を致しまして、篤くお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
これからも画業に鋭意専念、精進して参りますので、ご指導、ご鞭撻のほどを宜しくお願い申し上げます。

阿曽沼 明

個展の会場と、出品した作品の一部をご紹介いたします。

 

  展覧会の様子

 

銀座 光画廊入口

会場風景1

作品1

作品2

作品3

作品4

作品5

作品6

作品7

作品8

作品9

作品10

 

Copyrighted Image