第81回新制作展スペースデザイン部レクチャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「制作と素材と空間」
~作品を解体してレシピを考えよう~

当会員 前田亮二氏 と一緒に空間デザインの考察をしてみましょう!
私は主にオリジナルの染色技法で平面、立体の作品制作をしております。染色とは繊維に染料を「浸透」させます。そこには「塗る」とは違った優しい色が存在すると私は考えます。その優しい色を使い、空間に安らぎをもたらす作品制作を心掛けています。
また、様々な身近な素材を用いての作品制作、空間デザインも模索しております。今回はその中の一つを用意しましたので、みなさんと一緒に触って分解して「作品のレシピ」を紐解いてもらえればと思います。

前田亮二 MAEDA RYOJI プロフィール
1974   愛媛県松山市生まれ
2001   大分県立芸術文化短期大学 美術専攻科(染色)修了
2010~  大分県立芸術文化短期大学竹田キャンパス(旧下竹田小学校)にて居住制作
「展覧会」
2002~ 新制作展(‘04‘06新作家賞‘09会員推挙)
2006  第19回全国染織作品展(佳賞)「シルク博物館/神奈川」
2007  京展(楠部賞)「京都市美術館/京都」
2012  テキスタイルの未来形「網走市立美術館/北海道」
2013  MINIARTEXTIL「コモ/イタリア」
2014  個展「ギャラリーマロニエ/京都」
2016  個展「オリエアート・ギャラリー/東京」
      その他個展、グループ展
      新制作協会会員/日本テキスタイルカウンシル会員
      大分県立芸術文化短期大学 非常勤講師

9.23(土)14:00-15:30
国立新美術館 3F 研修室A・B 入場無料(定員40名)
お申し込み先:新制作協会事務局
Mail/ webmaster@shinseisaku.net
9月1日まで(火・木・金曜日のみ)Tel/ 03-6233-7008
9月6日以降のご連絡(10:00-18:00)Tel/ 03-6812-9921
※お申込みの際はお名前、人数、ご連絡先をお伝えください。
定員になり次第締めきらせていただきます。

レクチャーチラシ